<前場の注目銘柄>=ミライトHD、モバイル関連の受注好調

 ミライト・ホールディングス<1417.T>は、2010年、通信工事業界中堅の大明、コミューチュア、東電通が経営統合して設立された。

 13年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績は、売上高が1165億円(前年同期比15%増)、営業利益が37億円(同18倍)となった。

 売上高ではモバイル事業でLTE(高速データ通信)方式の設備工事をNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど全ての通信事業者向けに展開しているほか、ドコモのmovaなど第2世代設備の撤去に伴う工事、地下鉄駅間での不感地対策工事などが伸びている。

 株価は11月半ばから順調に下値を切り上げている。PBR0.6倍台と割安水準にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)