ジャパンパイルが急伸、今期業績予想増額と第三者割当増資発行株数発表で買い安心感

 ジャパンパイル<5288.T>が急伸、前週末比22円高の385円で寄り付いた後46円高の409円まで買い進まれ、上昇率は13%に迫った。21日取引終了後に発表した今13年3月期業績予想の上方修正を好感するとともに、併せて第三者割当増資の発行株数を発表したことで、株式需給への影響が明確になり、買い安心感を誘っている。コンクリートパイルの受注が当初計画を上回り、連結売上高を前回予想の490億円から505億円に増額、粗利拡大に伴い、営業利益11億5000万円を17億円へ大幅に引き上げた。一方、第三者割当増資の発行株数は発行済株式総数の約2%にあた60万株、払込金額は1株308円41銭で、増資による調達資金額は約1億8500万円になる。

Jパイルの株価は11時30分現在402円(△39円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)