日本コンが大幅反発で新値、公共投資拡大で13年3月期業績の上ブレを期待

日本コンクリート工業<5269.T>が大幅反発し、株価は前週末比48円高の333円まで買われ、1月24日につけた318円の年初来高値を更新。ポールが通信基地局用に伸長しているほか、パイルも物流施設向けなどに好調に推移している。加えて、施工管理の徹底によるコスト削減も収益貢献している。安倍新政権下で実施見込みの公共投資拡大は収益にプラスに働く側面もあって、13年3月期の連結経常利益17億5000万円(前期比49%増)の見通しは上ブレの期待が高まっている。PBR0.6倍台の株価には割安感もあり、是正高狙いの買いが入っている。

日本コンの株価は12時52分現在315円(△30円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)