生化学は反発、みずほ証券が目標株価を940円に引き上げ

 生化学工業<4548.T>は反発。一時、前週末比14円高の922円まで買い進まれている。みずほ証券が25日付のリポートで投資判断「中立」を継続しながらも、目標株価を従来の890円から940円に引き上げたことが好感されている。
 リポートでは、「関節機能改善剤(ジェル・ワン)の販売価格を、従来の1本500米ドルから614米ドルに変更したこと。米国市場でのシェア回復の戦略製品であり販売動向が注目される。2つ目は、14年3月期以降の為替の前提を1米ドル80円から82円に変更したこと。みずほ証券は、対米ドルで1円の円安は売上高で7000万円、営業利益で2000万円の増加要因と試算」としている。

生化学の株価は、12時30分現在915円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)