スクエニHDが続落、銃乱射ゲームで連想売りも

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>が続落。今月14日に米コネティカット州ニュータウンの小学校で発生した銃乱射事件でアダム・ランザ容疑者がコール・オブ・デューティーなどのゲームで遊んでいたことから、同ソフトなどを販売するアクティビジョン・ブリザード社の株価が急落、日本での販売元となっている同社も連想的な発想が働き軟調な動きとなっているようだ。

スクウェア・エニックスの株価は13時05分現在1066円(▼11円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)