スバル興が続伸、道路工事関連の一角として思惑人気が波及

25日付の日本経済新聞が「国土交通省は高速道路会社の債務完済の時期を大幅に延長する検討に入った」と報じた。2050年の予定を10~20年程度延ばす案が有力とし、10年延長すれば3兆円程度の財源の捻出が見込めると記事は伝えていることから、高速道路の整備・補修の需要拡大につながるとして、道路工事関連株が買われている。スバル興業<9632.T>は道路メンテナンス工事が主力であることから、関連人気が波及している。

スバル興の株価は13時55分現在288円(△13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)