味の素が反発、輸液・透析事業の合弁会社設立

 味の素<2802.T>が反発。この日午後1時30分に100%出資の子会社である味の素製薬が、輸液・透析事業のさらなる発展を目指して、味の素製薬から輸液・透析事業を分割し、陽進堂と合弁会社を設立することで合意したことを発表した。合弁会社名は「エイワイファーマ」で来年7月1日設立を予定、味の素製薬は消化器疾患領域を中心とした「スペシャリティファーマ」への取り組みを一層強化、陽進堂はこれまでの事業領域に輸液・透析事業を加えることにより、医療現場のニーズにより一層応えることを目指す方針。

味の素の株価は13時40分現在1168円(△15円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)