陽光都市開発は上昇率16%超える、不動産の出遅れとして関心

 陽光都市開発<8946.OS>が後場中ごろ前週末比1720円高の1万2450円まで上げ幅を広げ、上昇率は16%を超えた。政治的圧力に伴う日銀による金融緩和が続くなか、不動産の出遅れとして関心が高まっており、値の軽さが短期資金を呼び込んでいる。神奈川県地盤で首都圏のマンション販売や管理を行い、販売価格の上昇などによる採算改善が期待された。

陽光都市の株価(大引け)は1万1970円(△1240円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)