サトレストランがインドネシアで日本食レストラン合弁

 サトレストランシステムズ<8163.OS>は25日取引終了後にインドマルコ・プリスマタマとインドネシア国内で日本食レストランを運営する合弁会社を設立することで契約を結んだと発表した。新会社サト・ジャヤ・マクムールは資本金200億ルピア、約1億7000万円でインドマルコ・プリスマタマが81%、同社が19%出資、来年3月に設立し10月をメドに営業を開始する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)