年末に向け、ドル売りに傾ける動きも??

実需の売りには注意も必要

----------------------------------------------

今夜はほとんどの市場が休場となる中で、ドル/円は
84円後半のレベルを保っています。

先週から自民党次期総裁の発言に注目が集まってきていますが、
為替に連動する発言は、そのまま「円」を売る材料になって
います。

テクニカル面では、先月末に中期サポートを超え
円安/ドル高が進行していますが、先週はサポート上で
一時、平均足改良版が「陽線」から「陰線」に転換する
場面がありましたが、「円」を売る流れは続いていて
現在は再び「陽線」に転換、「押し目」を形成し85円を
うかがう展開となっています。

しかし、現在の状況はここから「追いかけ」てドル買い
ポジションを取るには、不安があります。

今年度、あと数日、

輸出企業からの実需売りには気をつけたいレベルに
近づいていると考えています。