あす(26日)の為替相場見通し=1ドル84円台後半の往来か、模様眺め気分強まる

 26日の東京外国為替市場は、1ドル=84円台後半での往来を予想する。予想レンジは84円50~85円00銭、1ユーロ=111円60~112円20銭。海外はクリスマスで休場となる市場も多く、海外投資家も休暇をとり市場参加者は限られている状態。このなか、「薄商いのなか値が飛びやすい状況」(市場関係者)を指摘する声はあるが、基本的には模様眺め気分が強まる展開が予想される。とくに26日には、特別国会の召集による首相指名選挙とその後の安倍新内閣の組閣が予定されている。「新内閣の顔ぶれを確認したい」(市場関係者)との声も出るなか、模様眺め気分は一段と強まりそうだ。焦点は米国で26日から再開する「財政の崖」論議の行方。年末にかけ関連法案の採決も見込まれ、その内容次第で市場は大きく動く可能性がある。それだけに、目先的には積極的なポジションは組みにくい状況が続きそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)