2011年高値が視野に

2011年高値が視野に
ドル/円は今朝の時点でも引き続き84円台後半の高値水準にいる。

2011年高値85.53円を意識しながらの上昇基調は維持されていると言えそうだ。

本日もアジアの一部や欧州市場は祝日の国が多く、やはり市場参加者は少ないため、米国市場に入るまでは方向感が出にくくなる可能性もあるが、相場が薄いがゆえにストップを巻き込んでの急騰・急落も起こりやすい。

この点には要注意だ。

こうした乱高下のきっかけとして最も注目されるのは自民党の安倍総裁の発言だろう。

波乱要因として、報じられる発言には常に気を配っておきたい。