近畿車両が堅調、ボックスレンジを切り上げる展開

 近畿車両<7122.T>が堅調。11月中旬までは260円を上値に、12月に入ってからは280円近辺でもみ合いながら、ボックスレンジを切り上げる展開となっている。市場では「玉集めの思惑」を取り沙汰する動きが出ているという。鉄道車両製造大手で、13年3月期は減収大幅減益見通しと実態面はさえないものの、PBRは0.5倍台と訂正高余地ある水準となっている。無借金経営の好財務も切り口となる。年末年始の材料株が乱舞する日柄だけに、それなりのマークは必要か。

近畿車両の株価は13時10分現在283円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)