日本合成が反発、「ソアノール」の生産設備を増設

 日本合成化学工業<4201.T>が反発。この日午前11時に主に食品包装材に使用されているハイガスバリア性EVOH樹脂「ソアノール」の生産設備を増設することを発表した。現在、同社は全世界で年産5.1万トンの生産能力を有しているが、今後の需要増加に対応すべく連結子会社であるNOLTEX社(米国テキサス州)に年産1.5万トンの生産設備を増設する。「ソアノール」は高いガスバリア性を生かし、主に食品の風味や品質を長持ちさせる素材として使用されており、欧米市場に加えて、中国をはじめとするアジア、南米などの新興市場でも更なる需要拡大が見込まれる。

日本合成化学工業の株価は13時12分現在634円(△7円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)