東光が4日ぶり急反発、25日線割り込み調整一巡でフシ目突破に期待も

 東光<6801.T>が4日ぶりに急反発。前場は2円安の202円まで売られていたものの、後場に入り急速に切り返す展開。株価は、一時17円高い221円まで買われている。これといって新規の買い手掛かり材料は出ていないものの、市場では「25日線を割り込んだことから調整一巡感が出たのではないか」(市場筋)という。かねてから材料内包説を取り沙汰する動きがあったことから、再び思惑が意識されることになりそう。220円近辺にある上値のフシ目突破に期待感が高まるところか。

東光の株価は13時46分現在221円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)