大陽日酸が反発、ヘリウムガス品不足でロシアでの開発参画を継続注目

 大陽日酸<4091.T>が反発。世界的なヘリウムガス不足が伝えられるなか、20日に「ロシア・ガスプロムの子会社と東シベリアの天然ガス田でヘリウムガス開発で協力する契約を結んだ」と発表。ヘリウムガスは中国やインドなど新興国で需要が伸びる一方、供給サイドの米国でプラントのトラブルが発生しており、調達が困難になっている。ヘリウムガス開発に参画することで、不足するヘリウムガスの調達を確保するととともに、米国に偏っている調達先を広げる方針で、需給タイト化による価格上昇で収益改善も期待されている。

大陽日酸の株価は14時29分現在496円(△4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)