コマツ、日立建機など高い、中国の経済対策の思惑で

 コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>など建設機械株が買いを集めている。ここ中国経済のソフトランディング期待が強まる中で、中国関連株の一角として注目度が再び高まってきた。両銘柄とも週足で13週・26週移動平均線がゴールデンクロスを示現しており、足もともマドを開けて買われるなど騰勢が強まっている。「中国は世界でも数少ない巨額の財政出動が見込める国でそれが強み」(準大手証券調査部)とされ、ここにきて中国政府が課題として掲げる「都市化」で、向こう10年の間に数十兆元ともわれる財政投入が視野に入っていることなどが、インフラを手掛ける建機株にも追い風となっているようだ。

コマツの株価は14時33分現在2128円(△31円)。
日立建機の株価は14時33分現在1766円(△41円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)