<安倍政権発足・市場の見方>=まだ金利本格上昇に至らず  みずほインベスターズ証券チーフマーケットエコノミスト・落合昂二氏

 安倍新政権の政策は、インフレ目標を掲げ財政を積極化させようとするもの。この政策下で、為替の円安と株高が進む一方、金利が上昇傾向となるのは自然なことともいえる。
 ただ、金利が上昇してきたと言っても小幅に過ぎない。国債の増発が懸念され、新規国債発行の「44兆円枠」が撤廃される可能性も出ている。しかし、市場はいまの状態ならある程度の国債増発も何とかこなせると判断していると思う。10兆円規模の補正予算を組んでも、新規国債の発行額は50兆円前後ではないか。国債市場の需給はタイトであり、市場に国債を買う資金がないわけではない。
 「脱デフレ」や「2%のインフレターゲット」が掲げられているが、実際にどうやって物価を上げデフレから脱却するのか手段がよく分からない。債券市場はプロの機関投資家の市場であり、彼らは警戒こそすれ判断は下しかねているように感じる。国債市場を巡る需給に大きな変化はなく、まだ金利が大きく上昇する感じではないと思う。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)