味の素が反発、三菱UFJMSが業績予想を引き上げ

 味の素<2802.T>が反発、下げ止まる動き。26日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」、目標株価1100円継続ながら今3月期通期業績を連結営業利益で会社側計画の735億円に対して同証券では当初予想の715億円から718億円(前期比1.1%減)、来期予想を741億円から755億円に引き上げている。赤字事業だった輸液・透析をジェネリック医薬品企業の陽進堂との合弁事業にスピンオフすることを決定、医薬事業の構造改革をポジティブと指摘している。

味の素の株価は10時17分現在1149円(△11円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)