エイジアが小反落、メールマーケティングで提携発表も戻り売りに押される

 エイジア<2352.T>が小反落。26日取引終了後にメールマーケティング支援サービスを提供するグリーゼと資本・業務提携したと発表したが、前日に株価が反発していたことで戻り売りに押されている。今月11日に年初来高値612円をつけてから調整が続いており、今3月期は営業40%の大幅減益を見込むことも買いを手控えさせた。今回の提携は国内外にメールマーケティングトータルソリューションを共同提供することが目的で、グリーゼの発行済株式125株の40%にあたる50株を約1200万円で取得、関連会社とする。グリーゼとは今年6月から開始したメールマーケティングコンサルティングで協業してきた。

エイジアの株価は11時06分現在442円(▼8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)