午前:債券サマリー 先物は3日続落、10年債利回りは2カ月ぶり水準に上昇

 27日午前の債券市場では、先物中心限月3月限は3日続落。為替市場で一時1ドル=85円70銭台への円安が進み、日経平均株価も1万300円台乗せと年初来高値を更新していることを受け、債券市場では持ち高調整が進み売り物が先行した。10年債の利回りは0.795%と10月18日以来、2カ月ぶりの水準に上昇した。安倍首相は、就任会見で「大胆な金融政策、機動的な財政政策」を実施することを表明。麻生太郎副総理兼財務・金融相も「2012年度の補正予算は新規国債44兆円枠にこだわらない思い切った規模とする」と述べており、国債増発に対する警戒感も市場には出ている。
 午前11時の先物3月限の前場終値は前日比12銭安の143円54銭だった。出来高は1兆8664億円。10年債の利回りは前日比で0.010%上昇の0.795%だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)