ファンコミが3日ぶり反発、ネット広告市場の拡大が報じられる

 ファンコミュニケーションズ<2461.OS>が3日ぶりに反発し年初来高値を更新した。きょう付の日本経済新聞で世界の広告市場で2013年にインターネットが新聞を抜いて、テレビに次ぐ第2位の広告媒体になる見通しになったと報じている。記事によると、ソーシャルメディアやスマートフォンの普及などを背景にネット広告は2ケタ成長が続いているといい、15年には新聞と雑誌の合計も上回る見込みとしている。これを刺激材料として、国内アフィリエイト広告大手の同社にも買いが入っているようだ。

ファンコミの株価は14時44分現在1756円(△17円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)