今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は堅調で、85.87円と2010年9月以来の高値をつけました。

その後は高値圏でのもみ合いが続いています。

この後の展開はどうなるのか、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

12/27(木)
22:30☆(米)前週分の新規失業保険申請件数
24:00☆(米)12月消費者信頼感指数
24:00  (米)11月新築住宅販売件数
※☆は特に注目の材料

これらの経済指標結果ももちろん注目ですが、やはり最も注目度が高いのは米国の財政の崖問題になるでしょう。

共和党内で意見がまとまらなかったことで、同党のベイナー下院議長は民主党が過半数を占める上院に減税延長法案をまとめるようボールを投げました。

これを受け、民主党がどのような案をまとめてくるかが注目されます。

報じられる内容について、共和党側からポジティブな反応が見られれば、ドル買い要因となり、ドル/円がさらに上値を伸ばす追い風となりそうです。

また、引き続き日本の新政権の要人発言も手がかりとなってくる可能性があります。