宝印刷の第2四半期累計決算は、純利益10%増の5億5300万円

 宝印刷<7921.T>は、27日引け後に13年5月期第2四半期累計(6~11月)の決算を発表した。売上高67億9700万円(前年同期比0.8%減)、営業利益9億1000万円(同4.2%増)、純利益5億5300万円(同10%増)となった。
 金融商品取引法関連製品については、開示書類作成支援ツールの導入顧客数が増加したものの、上場会社数の減少、競争激化の影響で四半期報告書や有価証券報告書の売上が減少したことにより、前年同四半期比2億2500万円減少し、26億6800万円となった。IR関連製品についいては、CSR報告書やアニュアル・レポートの受注が増加したことにより、前年同四半期比1億7500万円増加し、23億3100万円となった。
 売上高は前年同四半期比5600万円減少したものの、販管費の削減などにより、営業利益は前年同四半期比3600万円増加し、9億1000万円となった。
 13年5月期通期の売上高は112億円(前期比0.8%増)、営業利益6億円(同3.8%増)、純利益2億9000万円(同16.2%増)を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)