サーラが12年11月業績を修正 持ち分法投資利益が想定を上回り経常利益を増額

 サーラコーポレーション<2734.T>が27日引け後に12年11月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の1400億円から1373億5100万円(前の期比4.8%増)に減額したが、経常利益は18億円から19億8900万円(同82.0%増)と経常増益幅が拡大する見通しとした。エネルギー事業は予想通りに推移し、輸入車販売も好調に推移したものの、医薬品販売やホスピタリティ事業が予想に届かなかったことが売上高減少の要因だ。持ち分法投資利益が想定を上回ったことが経常利益の増額の要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)