円安続行で大きな落しはない

年末要因からの目先売りには注意が必要
テクニカル的には10380辺りの落しどころで今年は引けてと考えるところですが、利益確定売りが一巡したら高く引ける展開も考えなくてはなりません。寄り付きでの窓は埋めに来る事は想定しておきたいです。基点は上述10380辺りに見ておき、短期売買においては上下のブレを狙える展開を想定しておきます。