キヤノン、リコーに買い直しの動き、円安・ユーロ高の進行を好感

 キヤノン<7751.T>、リコー<7752.T>など欧州向け売り上げ比率の高い精密機器メーカーが買い直されている。為替市場では円安が進行しており、対ユーロでは足もと1ユーロ=114円台半ばに達しており、これは2011年7月以来1年5カ月ぶりの円安水準となっている。両銘柄とも目先は利益確定売りに調整色をみせていたが、円安・ユーロ高に伴う輸出採算の改善期待から、改めて物色の対象となっているようだ。

キヤノンの株価は9時33分現在3320円(△50円)。
リコーの株価は9時33分現在909円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)