<前場の注目銘柄>=フォスター電機、スマートフォン向けが好調

 フォスター電機<6794.T>の株価は11月28日に1672円の年初来高値更新後に調整となっていたが12月21日の1305円で底打ちの確認の動き。

 薄型テレビ向けなどの不振が懸念されていたが、車載用スピーカーシステムなどは好調に推移、スマートフォン向けのヘッドホンも拡大しており、今3月期は海外工場の生産効率化効果も後押しとなり連結営業利益で63億円(前期比3.5倍)と大幅な増益を見込んでいる。

 前提為替レートは、1ドル=75円、1ユーロ=95円であることから現在の円安状況を考慮すれば増額修正期待も高まるところだ。ベトナム・メコン工場での生産も開始し海外での能力増も注目される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)