丸紅が堅調、フィリピンで上下水道事業を加速

 丸紅<8002.T>がしっかり。株価は3日続伸となっている。同社は27日、フィリピンの上下水道会社マイニラッド・ウォーター・サービシズの株式20%を取得すると発表したが、これが株価の展開材料として意識されている。取得総額は300~400億円。マイニラッド社は、フィリピン政府との民間委託契約(以下、「コンセッション契約」)に基づき、マニラ首都圏の西地区全17市区をサービスエリアとして、浄水や下水処理サービスの提供をはじめとするフルコンセッション事業を行っており、丸紅は同社に出資することでフィリピンでの事業拡大を図っていく構えだ。

丸紅の株価は10時45分現在613円(△5円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)