東京株式(大引け)=72円高、年初来高値更新で大納会終える

 2012年の大納会となった28日の東京株式市場は買い先行で始まり、寄り付きに1万400円台を回復、引け際伸び悩んだものの物色意欲は旺盛だった。
 大引けの日経平均株価は前日比72円高の1万395円と4日続伸。昨日に続く年初来高値更新となるが、大納会で新高値をつけたのは13年ぶり。東証1部の売買高は概算で28億9100万株、売買代金概算は1兆4746億円だった。値上がり銘柄数は821、値下がり銘柄数は732、前日比変わらずは143銘柄だった。
 きょうの東京市場は為替市場で一段と円安が進行したことを好感して買いが続いた。足もとは1ドル=86円台半ば、1ユーロ=114円半ばでもみ合っており、これが主力大型株などを中心に引き続き強力な追い風材料となっている。後場、株価指数先物への買いも断続的に入り全体相場を押し上げた。ただ、米国では「財政の崖」を巡る与野党協議が難航、年内の決着が難しい状況にあり、前日の米国株市場は4日続落で一時急落する場面があるなど先行きの不安材料となっている。また、東京市場はテクニカル面でも過熱感が意識されており、引け際に手仕舞い売りが出て伸び悩んだ。
 個別には野村HDが昨日に続き売買代金トップで12連騰。トヨタ、ホンダなど自動車株が高く、三菱UFJ、みずほなど大手銀行株も買いを集めた。このほかファーストリテ、三井物産なども堅調、ヤマダ電、東芝が急騰、ファナック、コマツなども買われた。半面、東電、関西電など電力株が安く、クボテック、戸田工、日電硝子なども売られた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)