バイリーンが和解により訴訟解決、13年3月期に1億3700万円の特損計上

 日本バイリーン<3514.T>は28日引け後、9月30日付で伊藤忠プラスチックなどから提起され、係争中だった損害賠償請求訴訟につて、27日付で和解が成立したと発表した。
 伊藤忠プラスチックなどから損害賠償金額7億470万円と遅延損害金および訴訟費用の支払いを求められていた。この訴訟は日本バイリーン元社員が関与した不正取引によるもの。原告に対して和解金2億2000万円を支払うことで合意した。これに伴い同社では、13年3月期に1億3700万円の特別損失を計上する予定としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)