今夜以降の年内の注目材料は? 

今夜以降の年内の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は朝方に上昇し、86.62円と2010年8月以来の高値を更新しました。

この後、年内に残された経済イベント等を確認しつつ、相場の動きについて考えてみましょう。

12/28(金)
21:00 11月南アフリカ貿易収支
23:45☆12月米シカゴ購買部協会景気指数
24:00 11月米住宅販売保留指数

12/31(月)
10:45☆12月中国HSBC製造業PMI
※☆は特に注目材料

経済指標のほか、もちろん米財政の崖問題についての報道は注目されるでしょう。

ただ、円相場については、31日の東京が祝日のため、本日の東京市場で概ね年内の取引は終了していると見られます。

よほど日本発の目新しい材料がない限り、大きな動きにはなりにくそうです。