ダイヤモンドDが12年3~11月期決算を発表 集客力向上やコスト削減効果で18.7%経常増益

 ダイヤモンドダイニング<3073.OS>が28日引け後に12年3~11月期連結決算を発表。売上高は184億700万円(前年同期比12.5%増)、経常利益3億6500万円(同18.7%増)、純利益200万円(同95.4%減)となった。ブランディング及びマーケティング強化による集客力の向上やセンター物流の推進によるコスト削減、店舗のスクラップ&ビルドと業態変更の効果により、増収、経常増益を達成した。また閉店に伴う減損損出計上により純利益は大幅減益となった。13年2月期連結業績見通しは売上高253億円(前期比8.9%増)、経常利益11億円(同12.4%増)、純利益4億5000万円(同2.0倍)の前回予想を据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)