寿スピリッツ<2222>1月投資戦略=フェアトレード 平山 修司

【事業内容】
寿スピリッツは、
「ルタオ」ブランドを擁するケイシイシイ、
「ラングドシャ」などを取り扱う寿製菓、
「九十九島せんべい」などを取り扱う九十九島グループ、
「黒豆茶」などを取り扱う但馬寿、
「築地ちとせ」や「東京ミルクチーズ工場」を展開するシュクレイ
などがグループ会社。
【足元の動向】
11月2日に発表した第2四半期決算短信では、

売上高  9,808百万円(前年同期比8.3%増)
営業利益  821百万円(前年同期比73.0%増)
純利益   497百万円(前年同期比125.8%増) 

となった。また、第2四半期決算発表と同時に通期業績予想の修正も行った。

通期業績予想では、営業利益が当初予想よりも10%上方修正され、
業績がとても好調であることが確認できる。

【検証結果】
【検証結果】
同社を、12月月末付近で買い、1月末付近でに売った時の成績は以下の通りです。

勝率:63.64%
勝ち数:7回
負け数:4回
引き分け数:0回

平均損益:0.91%
平均利益:4.66%
平均損失:-5.65%

以上の検証結果からすると、1月は成績が良かった月であると言えるでしょう。
1月における寿スピリッツ(2222)の値動きに注目して下さい。

株の売買を行なうに際して、今回のように簡単な検証を行うことで、これから行おうとしている投資が、どの程度リターンを期待できどの程度リスクがあるのか事前に把握することができます。検証を行ってから投資すればきっと安心感が違うことでしょう。みなさんも投資する際には一度検証してくださいね。