3日のNY株式市場の概況 「財政の崖」回避も大幅上昇の後で利益確定売りから反落

3日のNY株式市場は、NYダウが1万3391.36ドルの21.19ドル安と3営業日ぶりに反落、ナスダック指数も3100.57ポイントの11.69ポイント安と3日ぶり反落した。この日は、大幅減税の失効と歳出の強制削減が同時に起きる「財政の崖」問題で米議会が1日に当面回避するための法案を可決。前日2日までにNYダウは470ドル超も値上がりしたことから、利益確定売りが先行する軟調な展開だった。また、小売大手企業が収益の下方修正を行ったことも売り要因となり、3日ぶりに反落して取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も売買交錯の中、売りがやや先行する軟調な展開で、こちらも3日ぶりに反落して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)