4日の株式相場見通し=日経平均株価は5日続伸、円安・米株高を好感

 4日大発会の東京株式市場は、全般買い優勢で5日続伸のスタートとなりそうだ。年明けの米株式相場が「財政の崖」問題の与野党妥結を背景に、2日のNYダウ平均株価が308ドル高となるなど大幅上昇したのに加え、外国為替相場で対ドル、対ユーロなどで円の下落が進行していることも買い支援材料となり、大発会は、輸出関連の主力銘柄を中心に幅広く買われ、日経平均株価は連日の昨年来高値更新が想定される。
 ただ、足もとでは高値警戒感が強く、今夜発表される米12月雇用統計を控えていることもあり、ポジション調整の売りなどが出やすいものの、先高期待から堅調地合いは持続する可能性が強い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)