メガバンク3行も新値街道まい進、追加金融緩和の思惑追い風

 みずほフィナンシャルグループ<8411.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>などメガバンク株が大賑わいとなっている。安倍政権下でデフレ脱却を主眼とした追加金融緩和期待が強まっており、これを追い風にいずれも昨年来高値更新基調を継続している。政府の本腰を入れた景気対策も内需を喚起するとの見方で、銀行やノンバンクなど金融分野にとってもビジネスチャンスが膨らんでいくとの思惑も株価に味方している。

みずほの株価は9時43分現在162円(△5円)。
三菱UFJの株価は9時43分現在479円(△18円)。
三井住友の株価は9時43分現在3225円(△110円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)