朝方のドル円突っかけ買い(87.35-40のストップ)で市場が気持ちがロング目に変わっている。

GSの予想やADPの数字から市場予想が上方修正しがち。サプライズは下か?
ドル円はADPが良くて87.10レベルまで戻した後、安値更新。86.77レベルまで下落。ただし、86円台後半のビッドが底固く、もみ合いとなっていたが、FOMC議事録で、米金利上昇からドル買い戻しにつながり87.35台へ。このところ87.35レベルはしっかり上値が止まっていたレベルだが、87.400から87.500は売りもあればストップもあった
水準で、ストップを引っかけて87.550タッチ。雇用統計改善期待もあってドル買いが朝から強い。チャート的にも87.100-050の押しは目先買いに見えたが、87.500の上を
雇用統計前に新規でロングを取る必要はないと思う。
非常に仕掛けっぽい買いに見えていて追いかけて買いで入ると海外勢が思いっきり利食いしてきそうなイメージがある。せめて買いは87.150まで待ちたい。ストップは
86.750に置きながら、87.550で利食い。 
作成時 87.523-531 7:51AM
                        

ユーロドルは1.3150が割れてから戻れず下値を切り下げている最中。1.30800、1.30900で戻り売り参入する。ストップは1.31200に置きながら、1.30050、1.29700で買い戻しするような回転をイメージしています。
作成時 1.30417-425 8:03AM

ユーロ円は引き付けて114.450で売りから。ストップを114.850に置きながら、113.750以下、113.650で買い戻しを図るような回転をイメージしています。
作成時 114.081-090 8:12AM