NTTドコモが続伸、新OS搭載のスマホ開発報道に関心

 NTTドコモ<9437.T>が続伸。12月30日に読売新聞が韓国サムスン電子などと共同開発している基本ソフト(OS)を載せたスマートフォンを、2013年にも発売する方向で検討に入ったことを報じていることが関心を集めている。「タイゼン」と呼ばれる新OSで、グーグルの「アンドロイド」やアップルの「iOS」に対抗、独自サービスを提供し、独自に安全性を高めることが狙いという。昨年から何度かアップルの「iPhone」を販売するという憶測も流れていることから、同社が今後の戦略が注視されるところだ。

NTTドコモの株価は10時30分現在12万6400円(△2400円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)