任天堂が反落、「Wii U」の競争激化を懸念

 任天堂<7974.OS>が反落。円安基調の継続を好感するかたちで朝方は一時前日比240円高の9410円まで上昇したが、その後は急ピッチな上昇による警戒感から利益確定の売りに押されているようだ。海外のゲーム専門誌などでは、マイクロソフトが今年中に次世代の「Xbox」を公開することを報じており昨年好スタートの「Wii U」との競争激化も懸念されている。

任天堂の株価は10時38分現在9140円(▼30円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)