野村HDは堅調で売買代金トップ、株式相場の活況継続を好感

 野村ホールディングス<8604.T>は堅調で、東証1部の売買代金トップとなっている。一時、前週末比25円高の528円まで買い進まれている。
 4日大発会の東京株式市場で、日経平均株価が一時、前週末比300円を超える大幅高となり、一時1万700円を上回るなど活況が継続していることが、証券会社の収益好転につながるとして、買い支援材料となっている。

野村HDの株価は10時46分現在521円(△18円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)