<クローズアップ>=悪質化する偽造キャッシュカード犯罪、対策関連銘柄に関心(1)

 ここへきて、偽造キャッシュカードを利用した悪質な犯罪が急増している。昨年11月にはNTTデータの銀行システムを使ってキャッシュカードを偽造し、口座から現金を引き出した事件が発生。先月18日には新生銀行の店舗でもカードの情報が不正に取得され、偽造カードによって海外へ不正送金される事件が発生している。急増する偽造防止へ向けた対策は、待ったなしの状況だ。

 犯罪防止へ向けた対策はこれまでにも行われているが、キャッシュカードの盗難や偽造は年々悪質化しており、抜本的かつ大胆な対策が急務になっている。

 11月に発生したNTTデータの銀行システムを利用した事件ではシステムメンテナンスの業務を担当していたコンピューターシステム会社社員が「地銀共同センター」が管理する銀行の顧客情報を悪用してカードを偽造し、口座から勝手の現金を引き出す事件が発生している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)