燃料商社株が高い、寒波到来で見直し買いも

 燃料商社株が高い。ミツウロコグループホールディングス<8131.T>が一時前週末比13円高の487円に買われたほか、シナネン<8132.T>は同8円高の368円に上昇、三愛石油<8097.T>も同6円高の365円に値を上げた。寒波の到来に伴う、灯油需要の増加などに対する期待が強まっているほか、株価の割安感からの見直し買いも流入しているようだ。気温の低下で灯油の需要は好調であり、灯油価格の卸価格を値上げする動きが出ている。また、配当利回りはミツウロコが3.1%、シナネンが4.1%、三愛石油が3.6%の水準にあり、株価には割安感もある。

 ミツウロコグループの株価は13時20分現在485円(△11円)。
 シナネンの株価は13時20分現在368円(△8円)。
 三愛石油の株価は13時20分現在365円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)