保土谷が大幅反発、有機EL関連銘柄として物色される

 保土谷化学工業<4112.T>が大幅反発。3日付の日本経済新聞で、韓国LG電子が2日に、画面に有機ELパネルを使った大型テレビを世界で初めて発売したと報じられたことを受けて、有機EL材料の発光層を手掛ける同社も関連銘柄として物色されているようだ。また同様に有機ELパネルの貼り合わせ装置を手掛ける芝浦メカトロニクス<6590.T>も買われてストップ高カイ気配となっているほか、膜成膜装置を手掛けるアルバック<6728.T>なども上昇しており、にわかに有機EL関連銘柄が賑わいをみせている。

保土谷の株価は13時32分現在177円(△9円)。
芝浦の株価は13時32分現在230円(△50円)カイ気配。
アルバックの株価は13時32分現在824円(△26円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)