板硝子が4日ぶり反落、株価の大幅高で利益確定売りがかさむ

日本板硝子<5202.T>が4日ぶりに反落。株価は前週末比5円安の108円まで売られている。建築用・自動車用ガラスを手掛け、英ピルキントンの買収で欧州売上比率が約4割と高く、きょうは為替市場で1ユーロ114円台前半まで進んでいる円安による収益改善期待を手掛かりにして、出遅れ株人気が波及した。だが、12月26日安値の93円からきょうの寄り付き後の高値117円まで約26%の短期上昇となっていただけに、さすがに利益確定売りがかさんでいるようだ。

板硝子の株価は13時44分現在110円(▼3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)