<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にハピネス&D

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の4日14時現在で、ハピネス・アンド・ディ<3174.OS>が「買い予想数上昇」で2位となっている。

 同社は誕生日やクリスマスなど記念日に贈る、プレゼント選びの場の提供を基本方針に宝飾品や時計、バッグ、雑貨などのセレクトショップ「ブランドショップ・ハピネス」を展開する企業。主にショッピングセンター内に出店しており、最近ではPB商品などにも力を入れている。
 12月27日に発表した第1四半期(9~11月)決算で、営業利益が300万円の赤字(昨年6月新規上場のため比較なし)となり、これを嫌気して28日には急落した。これは日中関係の悪化によって中国人観光客が減少し、一部店舗の売上高に響いたことなどが要因。ただし、同社の収益は年末商戦のウエートが高く、第1四半期はほぼ計画通りの数字であり、13年8月期通期の同予想6億9300万円(前期比17.3%増)は据え置いている。
 株価は上述のように赤字決算を受けて急落したが、その反動もあってこの日は上昇している。株価は12月に入ってからの軟化で既に第1四半期の赤字を織り込んだとの見方も強く、悪材料出尽くしが期待されているようだ。

ハピネス&Dの株価は14時36分現在1646円(△140円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)