レオパレス21が3日ぶり反発、為替差益発生を好感

 レオパレス21<8848.T>が3日ぶりに反発。午前中に為替相場の変動により、第3四半期累計(4~12月)連結決算で為替差益約22億円を計上すると発表したことを好感。第2四半期累計(4~9月)決算では為替差損約26億円を計上していたが、第3四半期(10~12月)に為替差益約48億円が発生したため、差額の約22億円を第3四半期累計決算に計上するとしている。なお、これに伴う通期業績予想に変更はないという。

レオパレス21の株価は15時00分現在375円(△20円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)