上げ止まらないドル円・・・・

米金利上昇も加わり・・・・
 ドル円は年明け後、上昇基調を更に強め、先程、88円の大台に乗せました。今夜は米・12月雇用統計の発表を控えている為、なかなか高値を買うのは難しく、どうしても押し目待ちとなりがちなのですが、相場と云うものは、皆が押し目待ちとなれば、押し目も無く上昇を続けてしまうものです。

 こうなると、先ずは「バスに乗り遅れるな」的に買って、上がったら早々に利食い売りを行うのが、取り敢えずは、最も有効な戦術となるのかもしれません。さもなくば、雇用統計前のポジション調整による押し目待ちとなりますが、その場合、雇用統計後に振り落とされるリスクも高く、それに耐えられるかどうかがポイントとなります。

 今の強地合いの中ならば、雇用統計が多少弱い数字となっても、ドル売りは限定的となりそうです。この為、押し目買いを狙うのなら、少しリスキーでも、いずれかのタイミングを逃さない様にしたいと考えるべきだと思います。