7日の株式相場見通し=買い先行のスタートで上値試す

 7日の東京株式市場は、買い先行のスタートとなりそうだ。前週末4日の米株式市場でNYダウ平均株価が前日比43ドル高と反発したのに加え、外国為替市場で、一時1ドル=88円台半ばまでと一段の円安が進行していることが買い支援材料となりそうだ。ただ、短期間での急激な上昇に対する警戒感も強まっており、利益確定売りが出やすい環境にあることは確か。米労働省が4日発表した昨年12月の雇用統計は、非農業者部門の雇用者数が前月比15.5万人増となり、ほぼ事前の予想通りとなった。7日は、午後2時に12月自動車販売台数が発表される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)