阪急リートが連日の昨年来高値更新、阪神百貨店梅田本店の建て替えで関心

 阪急リート投資法人<8977.T>がこの日も買い進まれ連日の昨年来高値更新。阪急阪神ホールディングス<9042.T>が阪神百貨店梅田本店を建て替える方針を固め、具体的な手続きに入ったことを4日に朝日新聞などが報じたことから、大阪・梅田地区の資産価値向上への期待からHEPファイブや北野阪急ビルなど関西の主要都市で高物件を数多くポートフォリオに組み込んでいる同社への注目度が一段と高まっている。再開発ビルの容積率緩和を求めたうえで高さ190メートルまでの高層複合ビルの建設を目指す方針としており、百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリング<8242.T>が建て替え中の収益減の懸念から値を崩しているが、グループの動向が注目されよう。

阪急リート投資法人の株価は10時48分現在43万3500円(△5000円)。

エイチ・ツー・オー リテイリングの株価は10時48分現在758円(▼33円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)